« 懐かしい鉄道車両「100」系新幹線 | トップページ | 東西私鉄対抗シリーズ①京急対阪急 »

2006年6月11日 (日)

現代の鉄道車両「201」系

Photo_5      昭和54年(1979年)国鉄が初の本格的な高性能電車の開発に乗り出し201系としてまず中央線に電機子チョッパー制御・電力回生ブレーキを装備した省エネルギーにふさわしい次世代時代の試作車を投入させました.
私も201系の高性能電車が1編成完成し原宿駅構内で展示運転会を見学に行きました。
登場時、前面黒マスクの顔、オレンジ系の暖色シート、ラインフロアー式空調装置、空気バネ台車、紫外線カットのスモーキー窓など特色があります。
試作車ではドアのガラス窓と戸袋のガラス窓が上下位置がずれていましたがファンと当時の国鉄広報部、エンジニアが出席されて意見交換会が開かれましたがファンがそのことを指摘すると量産車からは位置をそろえるようにするとの回答があって2年後の量産車からはそのようになったことを覚えています。
その頃私鉄は相次いで高性能電車を投入していましたが、まだ全国に3000輌ともいえる大量生産による首都圏の輸送は東京5方向作戦と称して複々線化やラッシュ時の増発をおこなったものの輸送限度に達し、この上は駅間を高加速高減速で走行し時間短縮による増発しか方法がなく、中でも需要が切迫している中央線に201系電車としてまず投入されました。

Photo_8 2年後の昭和56年(1981年)量産車が登場し、昭和57年(1982年)中央・総武緩行線に黄色、東海道・山陽緩行線に水色の201系が登場しました。
しかし登場以来25年以上を経過しており、今年中にはいよいよ中央線に次のE233系電車が投入されることになり、すでに中央線の201系もJR西日本の大阪環状線に転用されつつあり時の流れを感じます。

12月26日から201系の後継車としてE233系新型電車が走行しはじめましたが、今後急速に201系に変わって投入されるとのことです。
ところで下の画像201系ですが、新幹線と隣り合わせでしかもビルの林立する通りを走行していきます。
こういう光景は絶対にあり得ないことですが鉄道模型シュミレーターVR3を用いて作って見ました。18d94a41d5952f44730b76791f9e8e34_1

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

著者:梅田 望夫
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 懐かしい鉄道車両「100」系新幹線 | トップページ | 東西私鉄対抗シリーズ①京急対阪急 »

コメント

連続投稿になってすみません。一つ書き忘れました。

>ヒロクンさん

>私も201系の高性能電車が1編成完成し原宿駅構内で展示運転会を見学に行きました

ヒロクンさんは原宿駅宮廷ホームに201系の展示で入ったそうですが、あのホームって入り口って何処の辺りにあるのですか?当然入ったりはしませんが、毎回山手線や埼京線であそこを通過する時私は疑問に思っています。
私は何故だか判りませんが、私は丁度チョッパが流行った頃の車両に好きな車両が多いので、201系が登場した頃に生まれていたヒロクンさんがちょっと正直羨ましいです。

投稿: 猫又 | 2006年10月 6日 (金) 22時24分

>ヒロクンさん

>両方乗ってみると201系のほうが乗り心地がいいようです。

どうもお久しぶりです。私は通学時に中央快速線を使っているので201系は、平日ほぼ毎日乗ってます。確かに201系の方が205系より乗り心地はいいですね。ただ201系の中には稀に満車時によく揺れる車両がいます。それに201系は高速域でかなり伸びますね。(←これは当時国鉄が、通勤形だけでなく近郊形系列などへの応用を目指して、電動機の設計変更と主回路構成の工夫などをしていた関係もあるんでしょうけど)ただ電機子チョッパって駅間が比較的短く減速力の要る路線で一番効果があるわけですが、「駅間の比較的長い中央快速線に投入してどれくらい効果はあったのかな?」と昔から私は考えています。
ただ国鉄の201系にかける期待は相当大きかったらしく、201系は「101系以来の国鉄電車の変革」・「今後の通勤形電車の標準型」と位置付けられて、新技術を満載した国鉄技術陣の自信作だったそうです。現に201系は「原宿駅宮廷ホームを使用して営業開始前の試作車を一般公開」なんて通勤型電車にしては異例なことをしたらしいですからね。

投稿: 猫又 | 2006年10月 6日 (金) 22時13分

画像に惹かれてきました。
路面を走る201系と新幹線とは(笑)

※このたび、私のブログのアドレスが変更となりました。
今後ともご覧くださいますようお願いいたします。

投稿: ほしかわ | 2006年9月24日 (日) 17時09分

如月瑞穂さま、さっそく私のブログを見ていただきありがとうございました。
おっしゃられるとおりもし201系が川越線とか八高線、埼京線に投入されたらオレンジ色と違った色の201系が走っていたでしょう。でもこの201系は開発されてまもなく205系が開発されて山手線・埼京線・川越線・南武線・京葉線は205系でしたね。結局201系は中央線と接続する五日市線・青梅線に投入されて、最近では中央線の201系がオレンジ色のまま大阪環状線に移籍されています。
私の聞いた情報では201系はコスト高で山手線以降はコストの安い205系に変わったと聞きましたが両方乗ってみると201系のほうが乗り心地がいいようです。
コメントありがとうございました。

投稿: ヒロクン | 2006年9月 5日 (火) 17時33分

もしも201系が川越線・埼京線に投入されていればカラーは違うと思いますがありえたと思います

投稿: 如月瑞穂 | 2006年9月 4日 (月) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114331/2177663

この記事へのトラックバック一覧です: 現代の鉄道車両「201」系:

» 10年後の日本 [最新本にコメント!批評n比較]
いきなりTBごめんなさい。一緒にコメントしましょー。 [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土) 19時50分

« 懐かしい鉄道車両「100」系新幹線 | トップページ | 東西私鉄対抗シリーズ①京急対阪急 »