« 懐かしい鉄道車輌113系 | トップページ | マイフレンドリンクのご紹介 »

2006年12月 7日 (木)

鉄道模型シュミレーションゲームの魅力

Newscr00018 Newscr00008 Scr00007_5 Scr00001_4 

鉄道模型を作って部屋いっぱいにレイアウトを展開して電車とか列車を走らせるのは鉄道ファンにとってはとても楽しいものです。しかし家が大きいならそれも可能ですが、日本の住宅事情は悪くどうしてもその夢をかなえることができません。

それでもどうしても鉄道模型を走らせて見たいと思う人のためにPC上で自分の好みのレイアウトを作成して、場合によっては実際の駅とか路線とかを再現することができるのです。いろいろな数多くの車輌(20輌編成まで可能)線路、鉄道施設、駅設備、ホーム(対向式・島式)車庫、構内の全ての施設、橋梁、トンネル、建物、超高層ビル、樹、畑、水田、川、湖、海、道路、案内標識、高架線線路、地形編集など微細に渡っていて、自分で頭に描きながらレイアウトできます。

しかも、完成した車輌は全面運転室展望・頭上・仰角・右・左、頭上などスイッチ一つで切り替えられます。このCGは113系が2編成駅に止まっていてキハ110系が左側に見えますが、実はこのレイアウト、架空 の感じで中央部分は山岳・渓谷を走るローカル線で、その外側を都会風の建物を眺めながら走るという二段構えになっています。また、カメラがあって選択して好きなところにおいて列車が来ると切り替えるを選択すると、カメラが列車をある地点まで追いかけます。さらに天候の選択も自由で春の情景・曇りの日、夏の日、雨の日、秋の夕暮れ、冬の雪の日と選択豊富で、鉄道模型の及ばない分野まで楽しむことができるのです。なにかI,MAGIC COSMOS社の宣伝になってしまった面がありますが、実に変化にとんだレイアウトを作成して楽しむことができるのです。

CG1はキハ58から全面を展望した光景です、DL(左)2連がイベント列車を牽引して入線してくる光景です。CG2は渓谷を登って行くキハ58DLを模型鉄道の視点から眺めた光景でこのままの位置で走行していきます。CG3は113系と左側にはキハ110系が見える構内風景です。CG4は右の車窓から見た渓谷の光景でこれから列車は次第に上って行きます。渓谷を感じさせる川は上流・中流・下流と選択できて岩の多さで知ることができます。

しかもこのレイアウト標準サイズから最大20メートル換算の広さまで可能ですから速度の速い新幹線も可能です。

ところでこのVR3シリーズは、現在7本出ていてそれぞれ鉄道車輌とテクスチャーが組み込まれて価格は4千円から6千円くらいで全部買うと4万円くらいになります。でもうれしいことに初心者向きに「はじめよう鉄道模型シュミレーションが2千円くらいで1車輌が組み込まれているのでどういうものかを知ることができます。収納車輌はJRが主体で私鉄も含めると80種くらいあるようです。

私が今レイアウトを作成してみたいものとしては、横川ー軽井沢の碓井峠越えです。そのほか横浜駅付近、大阪駅付近、箱根登山鉄道沿線、阪急梅田駅・宇野ー高松の瀬戸大橋など手がけたいですね。

I.MAGIC COSMOS社   http://www.imagic.co.jp/

70e9960eb7eb138d6507026a5f345940_5

|

« 懐かしい鉄道車輌113系 | トップページ | マイフレンドリンクのご紹介 »

コメント

ソフトウエア、ワンセットで結構高価なものなんですね。

投稿: MU3 | 2006年12月 8日 (金) 23時29分

MU3さま、ブログ訪問ようこそ心から歓迎します。
僕のブログ平凡ですがこのあたりで少し特徴を持ってと思い
鉄道模型シュミレーションVR3の静止画CGとこのゲームの面白みを書いてみました。
実に沢山のパーツがあって上に書いたようなパーツをCADのように置いて行き、地形編集はブラシとかヤスリとか工作用具のように揃っているので地形を盛り上げようが下げようが自由です。高架線も二段階可能で例えば秋葉原の高架線、京浜東北線と総武線の立体交差も可能です。
もちろん地下鉄だって可能です。あとは大都会なら建物を密集して建てたり道路を引いてさまざまな自動車配置したり、人形まであるのでホームの人も置いてリアルにすることも可能です。川も上流・中流・下流を選択したりできます。
ある程度完成したらレイアウトの運転を選択すれば3D画面になって側線に置いた列車の運転も切り替え自在です。
模型と違うのは、コントロールがあって全部の列車はこれも動かせますが違うのは自分が運転している一列車しか止められないことです。ただ駅に通過線を作っておけば追い越し列車は見ることができます。
列車はJR中心で約80種くらい選択して運転できます。
現在VR3シリーズとして7本ほど出ていて列車とストラクチャーが異なり1本4~6千円としてやはり4万円ほどかかることとかなり重いので専用のグラフィックカード常備のPCが必須です。ただ最近はお試し版もあって3千円とお買い得です。

投稿: ヒロクン | 2006年12月 7日 (木) 20時29分

シミュレーションもいろいろ有るんですね。私は仮想または実在のの路線の列車を運転するものだと思ってましたが・・・・。
シーナリーパーツが沢山有って、路線の周囲に配置し、そこに列車パーツを入れて行くわけでしょうか?そんなとき、列車は走るのでしょうかしら?

投稿: MU3 | 2006年12月 7日 (木) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 懐かしい鉄道車輌113系 | トップページ | マイフレンドリンクのご紹介 »