« 現代の鉄道車両東武鉄道特急「スペーシア」 | トップページ

2007年1月 2日 (火)

東京駆け足電車小さな旅

201_2 暮れも押し迫った12月28日、わずかな時間を利用して東京の駆け足電車の旅に出かけました。コースは

横浜から東海道線で秋葉原へ、まず、さらに高架になった東京駅中央線ホームに出かけて急速に引退しつつあるオレンジ色の201系を撮影します。JR東日本ではこの26日から後継車E233系が投入されたせいか、ホームの神田より先端に数人の鉄道ファンが望遠レンズを持って様子を見守ってるようです。私もかって201系が1編成だけ201-901試作車として中央線に投入されたとき丁度その201系が入ってきたのですが反対方向であったため折り返しを約50分もホームで待ったことがありましたが彼らもその部類かも知れません

そこでヨドバシカメラに寄って、私がいまはまってる鉄道模型シュミレーションVR4を買い求める。今度のソフトは鉄道車両も一段と精細になってさらに夜間は照明がついて建物なども灯りがともって夜行寝台運転にはふさわしい情景がPC上で演出できるからです。さらに列車の駅での分割・併合も可能になって2つの列車として異なった路線を走ることが出来るなど、大きな変化が盛り込まれています。

Photo

ただCGが精細になるほど、2年前に買った私の東芝ノートQuosmio17インチワイドAVノートも重くなりなかなかプログラムが起動しないのが欠点です。

電化店として日本一の売り場面積を誇るヨドバシカメラには新型PCが豊富に陳列されていますが見ると惜しくなるので早々に退店してこれから私の東京駆け足電車小さな旅が始まります。

で、コースは、秋葉原ーつくば鉄道ー北千住ー東武鉄道ー浅草ー東京メトロー神田ーJR-東京ー横浜に戻ることにしました。店を出て秋葉原駅よりにつくば鉄道に通じるエレベーターがあります。数人の利用客と改札口に向かうのですがさすがに深く地下6階くらいの深さはあるでしょうか。自動券売機で北千住まで買いました。自動改札を通るとさらにホームに通じるエスカレーターが出ています。これだけの深さなら核攻撃にも耐えられるのではないかと勝手な推察をしているうちにつくば鉄道の島式ホームが一面横たわってPhoto_1います。

電車は各駅停車が途中の守谷駅でつくば中央までの電車は快速運転もあります。秋葉原を出ると仲御徒町を経て浅草に着きます。浅草駅は東京メトロ・東武浅草駅・都営地下鉄浅草駅とちょっと離れているようで浅草歓楽街の六区にあります。

電車はさらに南千住を出るとJR常磐線に並行して地上に出て荒川を渡りまもなく北千住に着きます。かって私は松戸に住んでいましたがその頃に比べて北千住の駅の変貌にすっかり驚いてしまいました。JR常磐線を中心に東武線・東京メトロ地下鉄日比谷線・同じ千代田線にさらにこうしてつくば鉄道が加わったのですからもう一大交通ターミナルを形成してるといえます。

Photo_2

さていよいよ東武鉄道に乗り換えて浅草まで向かいます。北千住始発浅草行きに乗って乗客の少ない車内でのんびりと電車の車窓を楽しみます。行き交う電車が実に多彩です。以前東武鉄道は、浅草が終点でした。なにか特急スペーシアを除いては地味なイメージを持っていました。それが東武鉄道・東京メトロ半蔵門線・東急線と実にいろいろな形式の電車が走っています。途中曳舟駅で降りていろいろな車輌をデジカメで撮影することにしました。

ふと見ると東急田園都市線が10輌という長さで南栗橋のほうに向かって出てゆきました。横浜に住んでいるので東急線はもうおなじみですがここ東武曳舟駅で見るとなにか神奈川からはるばるお前はやってきたのかと声をかけたい気持ちになります。東急線で神奈川県中央林間から埼玉県南栗橋まで走る一都二県のこの路線は東京でも最長区間になるかも知れません。東急線は10輌編成なのでこのホームぎりぎりまでいっぱいに停車します。こういうことも以前の東武では考えられなかったことです。

8000_1

ここで東武線区間準急の16000系浅草行きがやってきました。さらに東急田園都市線の新型車輌もやってきます。しばらく何枚か写真を撮ったあと終着浅草に向かいます。

Photo_3

浅草駅は隅田川を渡ると浅草松屋百貨店の2階に食い込むように電車はおおきくカーブしたホームぎりぎりに停車します。

ここで今日一番の東武ご自慢の日光・鬼怒川に行くデラックス特急スペーシアを撮ろうという魂胆です。

向かい側ホームに特急スペーシアを見たときはまるで恋人にあったような一瞬胸キュンとなってしまいます。どうやらこれから出発のために準備しているようで乗客の姿はまだ見えません。いちばん後ろから特急全体が入るように位置を決めて写真を撮影しました。横浜往復の東京電車の4時間の小さな旅はかくして終わりました。

Photo_4

|

« 現代の鉄道車両東武鉄道特急「スペーシア」 | トップページ

コメント

そういえば すみだタワーができる反面 東武の隅田川陸橋の耐久年数が、あと10数年で切れるてしまいうそうなので東武の浅草近辺はこれからどうなるんでしょうね。

投稿: 猫又 | 2007年1月16日 (火) 18時15分

リンクしていただきありがとうございます。
鉄道の専門的な文章にただ驚きです。また寄らせていただきますね~。

投稿: 電の牛 | 2007年1月12日 (金) 02時03分

司さまコメントありがとうございました。
東武鉄道は浅草の顔だと僕も思います。押上は新放送タワーが建設されるところなので大変貌を遂げることでしょう。
東武鉄道は、今一番注目されている鉄道ですから新しい浅草・墨田の先が楽しみですね。

投稿: ヒロクン | 2007年1月10日 (水) 14時35分

ヒロクンへ
あけましておめでとうございます。
昨年はいろいろとご指導頂き有難うございました。
「東京電車4時間の小さな旅」読みました。下町の交通関係を細かく取材されましたね、特に東武鉄道は浅草の住民にとってはただ一つの始発駅で大事な駅です。浅草はどちらかというと交通の便が悪いところといわれておりましたが、押上付近に新東京タワーの建設が予定されており、交通の便がすこしは良くなるのではと期待しておれます。
ヒロクンの何分の一かでもと頑張りますので今年も宜しくおねがいします。

投稿: 司 | 2007年1月10日 (水) 12時17分

>東武100系はとてもスマート美しく女性の顔と思っています。

ヒロクンさんはそうですか。私は野暮ったく巨大イモムシみたいで前面デザインはあまり好きじゃないんですよ。外見のデザインは東武特急では東武200系・250系の方が好きですね。ただ東武200系も結構野暮ったいんですけど。そういえば先代の東武1720系も前面デザインは「特徴的」「美しい(曲線美)」とは言われましたけど「スマート」と言われているのは聞いたことがありませんね。
ただ女性的と言うのは先代の東武1720系デラックスロマンスカーが別名「私鉄特急の女王」ですし、やはりそれはあると思います。東武1720系は本当にスゴイ車両だと思いますよ。登場から約30年間に渡り「私鉄特急の女王」の座に君臨し続け、足回りに関してはまだ東武200系に生まれ変わり現在も活躍中ですから。東武1720系が作り出した「普通車は国鉄(JR)特急の一等車(グリーン車)並みの客室設備」で豪華なものというアイデンティティーは東武100系にちゃんと受け継がれていますし。

投稿: 猫又 | 2007年1月 6日 (土) 21時17分

猫又さま、コメントありがとうございました。撮影場所として小菅駅納得です。駅を出ると左に大きくカーブしていますし、望遠レンズつけたカメラでとればGoodですよね。
東武100系はとてもスマート美しく女性の顔と思っています。
それ以前の特急は個性ある顔で男性的イメージでしたね、あの特急にはやはり会社から鬼怒川温泉に慰安旅行したとき今市手前で急に落雷という椿事が起きて架線が切れ運転中止、バスで鬼怒川に向かった経験がありました。
珍しい出来事で忘れません。

投稿: ヒロクン | 2007年1月 5日 (金) 23時40分

E233系は客室設備と同時に故障の少なさ・ダイヤ復旧の早さを売りにしていましたが、営業開始初日に1編成故障して15分程度のダイヤの乱れを作ったそうですね。やはりE231系よりは工夫していますけど、やはり故障し易さには少し難がありそうな感じです。ただ側面種別・行き先表示に次の停車駅が表示されるのは少し良いと思いますよ。あと東武浅草駅で改札側から車両を撮る場合4・5番線以外だと3番線だとどうしてもフェンスなどがどうしても邪魔になってしまうんですよね。東武車両の撮影は松原団地駅の最も新田駅よりのフェンスの所や小菅駅が初心者でも撮影し易い場所で結構撮り易いです。

東武100系はさすがバブル経済最盛期に作られた車両だけあって普通車でもJR特急のグリーン車並みの装備を持っていて豪華な造りですね。同じく豪華な251系とブルーリボン賞受賞車両を争ったときは見物でした。私は東武100系も好きですけど、末期1回だけしか乗ったことがありませんが東武1720系DRc(デラックスロマンスカー)の方がスゴイという印象が強いですね。

投稿: 猫又 | 2007年1月 4日 (木) 17時15分

如月瑞穂さま、早速訪問くださって本当にありがとうございます。今回東武鉄道を取材したので同じ東武の話題についていけるようになりました。東武鉄道線内をいろいろな会社の車輌が絶え間なく走ってきて北千住ー浅草間は特に面白いと思いました。やっと今頃になって一つの記事に写真を多く入れることが出来るようになりニュース性が出てきました。
如月さまはじめ皆様のブログを見て今年は行動するブログにしたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします。

投稿: ヒロクン | 2007年1月 2日 (火) 22時41分

mu3さま、早速訪問くださってありがとうございます。mu3さまの素晴らしいブログを見ると足元にも及びませんが、やっと一つの記事に写真を何枚も入れることが出来るようになり、いくらか行動するブログになることが出来ました。
今年は身近な神奈川の相鉄・京急・東急あたりから鉄道取材に出かけて鉄道の表情と町の表情とか伝えたいと思っています。ありがとうございました。

投稿: ヒロクン | 2007年1月 2日 (火) 22時33分

私のほうこそよろしくお願いいたします。
岸田さまのブログ、みなさまのブログを拝見し、改善しなければとつくづく考えさせられます。やっと写真を何枚も載せることが出来るようになって今年は自分で取材する生きたブログにしたいと思っています。東武線のいろいろな乗り入れ線の車輌が走っていてとても楽しい半日でした。

投稿: ありがとうございました | 2007年1月 2日 (火) 22時23分

ヒロクンさんあけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします
東京駅は現在でも巨大ですが
最終的には東北縦断線の駅になったり
首都圏新都市交通つくばエクスプレス線や東京モノレールが延伸と言うことがでていたり
都営地下鉄浅草線の支線が予定されていたり
ますます大きくなっていきそうですね

投稿: 如月瑞穂 | 2007年1月 2日 (火) 21時56分

東武の北千住駅は、昭和30年代前半は、寂しい感じの乗換駅でありました。それが、今では想像も出来ないくらい巨大な駅となりました。昭和34年当時の北千住駅は・・・・。
http://11.pro.tok2.com/~mu3rail/link15.html

東武~地下鉄~東急の相互乗り入れで、両社の電車風景ががらりと変わりましたね。私が通勤に田園都市線に乗っていた頃、1999年ごろは、東急8500系、たまに2000系、地下鉄は8000系のみの寂しいものでした。それが今では、簡単には書けないくらいの種類の電車が来る。隔世の感って、こう言う事なのでしょう。

投稿: む~さん | 2007年1月 2日 (火) 15時46分

あけましておめでとうございます。

201系が消えるのは残念ですね。103系が消えて、年月がたたないうちにこういう展開になっていますから。

東急車は東武線直通運用が1番多く、まるで東武線は東急化イコール東急の天下みたくなっていますね。だいぶ、見慣れてきました。8500系はほかの車両より音がうるさいですね。

本年もよろしくお願いします。

投稿: 岸田法眼 | 2007年1月 2日 (火) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 現代の鉄道車両東武鉄道特急「スペーシア」 | トップページ